人間情報工学科研究分野

インテリジェントシステム講座

コンピュータ工学研究室
人間を取り巻く計測センサや入力デバイス等のあらゆる機器に搭載されている組込みシステムのインテリジェント化を目指して、物体認識システムの高信頼化・高性能化や人間-機械の協調設計等、日常生活を豊かにする感性システムの研究開発に取り組んでいます。
  • コンピュータ工学研究室イメージ

     

  • コンピュータ工学研究室イメージ

     

研究室サイト
脳情報システム研究室
視覚や体性感覚などの感覚情報が脳に入力され、知覚、認知されるメカニズムを明らかにするために、心理物理学的アプローチ、必要に応じて脳活動計測などを行うことにより得られるデータの解析を行っています。また、脳における情報処理モデルの構築を試みます。さらに、カメラで撮影された映像から必要な情報を抽出する技術の開発、安全システムへの応用について研究を行っています。
  • 脳情報システム研究室イメージ

     

  • 脳情報システム研究室イメージ

     

生体システム研究室
生体のしくみを知り、それを活用するという観点から、とくに生体の神経系の情報伝達機構に焦点を置き、脳の基本設計図とも言うべき神経連絡経路をしらべています。なかでも呼吸、循環、消化など、生命維持に重要なはたらきをになう脳幹部の神経連絡について、神経トレーサーを用いた神経解剖学的手法、さらには、抗体を用いた免疫組織化学的手法などを駆使して研究を行っています。
  • 蛍光標識細胞と蛍光顕微鏡システムイメージ

    蛍光標識細胞と蛍光顕微鏡システム

  • 生体システム研究室イメージ

     

画像情報工学研究室
視覚はヒトの五感の中でその依存度が最も高い感覚です。これを計算機で実現するため、人物追跡や挙動監視をはじめとした、カメラから得られる画像情報に対する処理の高度化についての研究・開発を行っています。
  • 画像情報処理による異常検出システムイメージ

    画像情報処理による異常検出システム

  • 画像情報工学研究室イメージ

     

研究室サイト

スポーツ・ヒューマンダイナミクス講座

人間動態学研究室
人-もの-環境の望ましい関係を追求し、人間にとって安全で快適であり、スポーツ場面では競技能力をサポートする技術・機器・用具を人間工学及び運動生理学の視点から研究・開発しています。
  • 摩耗靴着用時の足関節モーメントの分析イメージ

    摩耗靴着用時の足関節モーメントの分析

  • 人間動態学研究室イメージ

     

研究室サイト
認知行動科学研究室
人間中心の設計思想から、人間の認知・学習特性やユーザビリティ(感性評価)、運動知覚などについて、心理実験とデータマイニングによる解析を行い、こどもから高齢者を含めた人間の認知-感性-行動モデルの構築をめざしています。
  • 認知行動科学研究室イメージ

     

  • ラダリング・テキストマイニングのための危険予測運転実験イメージ

    ラダリング・テキストマイニングのための危険予測運転実験

研究室サイト
スポーツ行動学研究室
スポーツ振興によるまちづくり、スポーツ産業の発展がもたらす地域貢献への可能性、地域のこどもや高齢者の健康増進のためのシステム化などを検討し、これからのスポーツと地域・社会との関係づくりを探求しています。
  • ゼミナール形式のディスカッションイメージ

    ゼミナール形式のディスカッション

  • ゼミナール形式のディスカッションイメージ

     

体力科学研究室
身体機能に基づいた「もの・システムづくり」を鑑み、幼児から高齢者、競技者や障害者を対象に、外部環境や運動負荷の変化に対する生体の応答と適応、最適運動処方、介護予防機能、スポーツパフォーマンス評価について研究しています。
  • 体力科学研究室イメージ

     

  • ハイスピードカメラによるボール変形量の計測イメージ

    ハイスピードカメラによるボール変形量の計測

人間支援工学講座

人間・熱環境研究室
人間活動と密接な関連をもつ人間-熱環境系をとりあげ、人体の動的な特性と熱環境の相互関連を熱工学・医工学の立場から探求し、その成果を機器・空間設計や材料開発に結びつけています。
  • 人工気象室における温熱生理計測イメージ

    人工気象室における温熱生理計測

  • 人間・熱環境研究室イメージ

     

研究室サイト
人間機械システム研究室
人体を含む複雑システムのモデル化、解析、評価を人間工学の立場からとりくみ、これらの知見をもとに、人体の動的な特性に適合する製品開発を行っています。
  • 道路の状態や車の振動に呼応する運転席イメージ

    道路の状態や車の振動に呼応する運転席

研究室サイト
バイオメカトロニクス研究室
ヒトの高次の生体機能を模倣するロボットの設計開発と制御に関する研究を行っており、身体運動特有の滑らかで柔らかい動きを再現できるロボットの開発に取り組んでいます。また、人間支援・生活支援ロボットやリハビリテーションロボットなどの開発を目指しており、数値解析からロボットの設計製作や動作検証まで幅広い研究を行っています。当研究室ではロボット全般にわたる実用的な知識が修得できます。
  • ヒトの手指の巧みな操作をロボットで実現イメージ

    ヒトの手指の巧みな操作をロボットで実現

  • ヒトの手指の巧みな操作をロボットで実現イメージ

研究室サイト
計測システム工学研究室
スポーツ、福祉、健康、医療といったライフサイエンスに応用できる計測技術とそのシステム化を研究しています。具体的には、回転・並進運動を伴うフォームの計測と評価、車いすの自走中の生体情報モニタリングシステムなどの研究です。
  • 運動計測実験の様子イメージ

    運動計測実験の様子

  • 運動計測実験の様子イメージ

     

研究室サイト
ページTOP