岡山県立大学 情報工学部 人間情報工学科

ENGLISH

大学院(情報系工学研究科システム工学専攻)

概要

博士前期課程の人間情報工学科が関連する領域では,人体のダイナミクスをふまえた“ものづくり”やソフトウェアの設計能力をさらに深化させる教育研究を展開し,高度な専門技術者の育成をめざしています.特に,【情報工学領域】,【ヒューマン・ロボティクス領域】,【人間情報工学領域】において人間中心の思想に基づく工学分野を共通基盤とする研究グループで,互いに連携しながら有機的につながり,人間情報工学科と一体となって,活発な教育研究活動が行われています.

修了後の進路

大学院進学

[博士後期課程]
岡山県立大学大学院

就職

倉敷化工(株),日軽形材(株)オージー技研(株),(株)モルテン,(株)日本シグマックス,(株)ニシ・スポーツ,京セラドキュメントソリューションズ(株),いすゞ自動車(株),(株)日立ビルシステム,(株)カワムラサイクル,JFEシステムズ(株),(株)富士通岡山システムエンジニアリング,本田技研工業(株),大和冷機工業(株),ソフトバンク(株),(株)石崎本店,東京コンピュータサービス(株),(株)ゴールドウイン,日本赤十字社,パナソニック(株) など

修了生からのメッセージ

町田 啓(2012年修了)

現在,医療やスポーツシーンで使われるサポーターの研究開発に携わっています.人間の体を考えたモノづくりをする上で求められることは,双方の関係を考えられる能力です.「スポーツ科学」や「機械力学」など,それぞれ素晴らしい学問に違いはありませんが,どちらも理解し,架け橋となる人材が求められているといえます.本学科では人間と工学の接点を様々な視点から見つめ,学ぶことができます.入社してからも「こんな話聞いたことあるな」「講義で学んだことに関連するな」といった気づきが沢山あり,膨大なフィールドから学んだことの価値を日々痛感しています.新しい切り口からスポーツの力になるチャレンジをしてみませんか?

修士論文題目(本学科教員担当)

本学科教員が担当した修士論文題目の一覧を掲載しています.

master_title.pdf

Pagetop